ADSLでインターネットを申し込むには?

 

◆ ADSLとは?

 

光回線の普及と価格低下、高速モバイル通信の発展と定額プランの普及で存在感が薄くなったADSLサービスですが、コストパフォーマンスという点では、まだまだ優秀なサービスであると言えます。

 

ADSLは、光回線が全国に普及するまでのつなぎの技術として導入されたにも関わらず、従来の電話線を利用して、そこそこ高速な通信が行えることから爆発的に普及し、日本におけるブロードバンド環境を実質的に構築した接続方法となりました。

 

ADSLの仕組みを簡単に説明すると、既存のアナログ電話線には、低周波帯の信号と高周波帯の信号が流せるようになっていました。

 

この内、音声通話に用いられていたのが低周波数帯で、高周波数帯は限定的な用途にしか使われていなかったのですが、この周波数帯を利用してデータをやり取りする技術がDSLという形で登場しました。データと信号の変換はADSLモデム(DSLモデムという言い方もします)で行われます。

 

すなわち、PCなどの端末からのデジタルデータを、DSLモデムを通して電気信号に変換し、電話線を通じてやり取りするのがADSLです。

 

画像

 

ADSLの利点は先程も述べたように、既存の電話線という設備をそのまま流用できる点です。

 

一方、減衰やノイズが混入する電話線の宿命上、ADSLは電話局からの距離の影響を顕著に受けるという弱点も持っています。

 

(後にこれが改良され、40Mや50Mの高速ADSLや、電話局から4Kmを超える距離でも使えるプランが登場しています。)

 

◆ ADSLに申し込みするには?

 

ADSLインターネット申込みは、大体光回線インターネット申し込みと同じような手順で進みます。

 

申し込み経路としてはNTTに直接でも、プロバイダーからでも、比較サイトからでも申し込みができます。

 

ただ、光回線インターネット申し込みと少し異なるのが、ADSLの場合、既存のアナログ電話回線があれば局内工事だけで済み、自宅での回線工事が必要ありません。NTTなり回線業者から「もう使えますよ」と通知があれば、そのまま電話線にADSLモデムを接続するだけでも使用開始できます。

 

ただ、それだと電話が使えませんので、通常は「スプリッタ」という回線分配の機器を取り付けますが、これもスプリッタに回線を挿してやるだけの簡単なものですので、特別な知識は必要有りません。

 

電話回線がない場合は、電話回線を新設してやる必要が有りますので、宅内工事が必須になります。

 

ADSL特有の部分で、ADSL申し込みの際には必ず電話回線の有無と、電話加入権の要不要が問われますので、頭に入れておくとよいでしょう。

 

 

画像

画像

画像

 

画像

画像

画像

 

画像

画像

画像

ADSLでインターネットを申し込む!【速さ・料金・光との比較は?】関連ページ

速度、理論値って何?
インターネット申し込みする前に!価格や費用だけでなく「速度」についての確認も必須!最大速度・理論値ってなに?
実際そんな早さ必要?
インターネット申し込み時は最大速度で最大のパフォーマンスを!と思っていても実際は…ということありません?こちらでは接続プランや理論値、レスポンスの差等について見ていきます。
開通工事って・・?
インターネット申し込みしてから開通工事をしなければなりませんが、一体どうすれば・・?工事当日にすべき事、ルーターの設定など分からない方はこちら!
電力系会社で申し込む!
インターネット申し込みを電力系会社で行うメリットとは?どういう流れで申し込みして契約となるの?プロバイダは?料金は?お得感はどう?
ケーブルテレビで申し込む!
インターネット申し込みをケーブルテレビでするときはどうすればいい?料金、設定、プロバイダ、メリットは何?詳しくはコチラ⇒
高速モバイルで申し込み
インターネット申し込みを高速モバイル通信で申し込みするには?携帯キャリアでの申し込みは超簡単って本当?料金や申し込み手続きはこちら⇒
WiMAXでネットを申し込む!
インターネット申し込みをワイマックスでするには?実人口カバー率96%ってマジですか?!申し込み手順や特徴はこちら!