電力系会社でインターネットを申し込みするには?

 

日本において、光回線はNTTが支配的なシェアを持っていますが、それ以外の企業も自前の高速回線を用意してサービスを行なっているところがあります。

 

代表的なところでは、中国電力が提供している「メガエッグ」や、関西電力の「eo光」、九州電力の「BBIQ」などがあります。こうした独自回線の光インターネットでは、やはり各地の電力会社が目立つ存在です。

 

画像

 

電力を送るための電柱と電線の設備に、光ファイバーを追加することで配備できますので、既存インフラが流用できる分エリアが広げやすいのでしょう。

 

なお、まだ実用化はされていない技術ですが、電力線そのものに情報通信機能を持たせる「PLCインターネット」という技術も存在します。

 

ただ、この技術は周りへのノイズが強くなりすぎるということで大規模通信網での実用化は見送られ、現在は家庭内でLANケーブル配線をオミットするための機器として利用されています。

 

NTTと比較した場合の特徴としては、全体にNTTの回線利用料より定額に設定されており、直接申し込みにしてもプロバイダー経由の申し込みにしても、月額利用料が一回り安くなるようです。

 

電力系のインターネット申し込みの手順や流れは、大体NTTの光回線インターネット申し込みをする場合と同じです。まず居住地が対応エリアであるかをチェックし、戸建てタイプかマンションタイプを選択。必要事項を記入して、申し込みをした後、業者と打ち合わせて工事日を確定します。

 

回線を屋内まで引き込んで回線終端装置を設置する工事をしたら、ルータ・PCを接続して必要な設定を行なって、インターネット利用開始という流れです。

 

インターネット申し込みのルートもだいたい同じで、プロバイダーから申し込むこともできますし、比較サイトなどから申し込むこともできます。

 

プロバイダーや比較サイトから申し込みをすると、制限が多くなる代わりに諸費用含めた価格が安くなっていくのもだいたい同じです。

 

要するに、回線提供者が違うだけでNTTでも電力系企業の物でも利用者としては余り違いがないと言って良いでしょう。

 

なお、電力系インターネット回線でも「コミュファ」のように中部電力独自のインターネットサービスとしてスタートした後、KDDI傘下に入ってauのサービスと連携しているという例も有ります。

 

また中国電力のメガエッグでは、電力系インターネットとしては珍しく光回線だけでなく、ADSLもサービス提供を行なっています。ただ、この場合、回線提供業者はNTTとなります。メリットは、プロバイダーとしての独自のサービスの存在でしょう。

 

 

画像

画像

画像

 

画像

画像

画像

 

画像

画像

画像

電力系会社でインターネット申し込み!【プロバイダ・料金】関連ページ

速度、理論値って何?
インターネット申し込みする前に!価格や費用だけでなく「速度」についての確認も必須!最大速度・理論値ってなに?
実際そんな早さ必要?
インターネット申し込み時は最大速度で最大のパフォーマンスを!と思っていても実際は…ということありません?こちらでは接続プランや理論値、レスポンスの差等について見ていきます。
開通工事って・・?
インターネット申し込みしてから開通工事をしなければなりませんが、一体どうすれば・・?工事当日にすべき事、ルーターの設定など分からない方はこちら!
ケーブルテレビで申し込む!
インターネット申し込みをケーブルテレビでするときはどうすればいい?料金、設定、プロバイダ、メリットは何?詳しくはコチラ⇒
ADSLで申し込む!
インターネット申し込みをADSLでしたい人はコチラ!通信速度、料金や光回線との比較について気になりませんか?詳しくは本文で・・。
高速モバイルで申し込み
インターネット申し込みを高速モバイル通信で申し込みするには?携帯キャリアでの申し込みは超簡単って本当?料金や申し込み手続きはこちら⇒
WiMAXでネットを申し込む!
インターネット申し込みをワイマックスでするには?実人口カバー率96%ってマジですか?!申し込み手順や特徴はこちら!