インターネット申し込みしてから開通工事までの流れとは?

 

まずは申し込み

 

諸条件をクリアして、プランを決定し、プロバイダーなりNTTに直接なり、インターネット申し込みの手続きを済ませたら、とりあえずは待ち時間が発生します。

 

申し込み受理メールと確認の電話を除けば、次は実際に回線工事をする業者などの都合がありますので、すぐには話が進まないことも多くあります。

 

画像

 

都市であるか地方であるかによってかなり変わってきますし、4月の転居・進学時期はインターネット申込みが増えて、工事業者の予定がいっぱいということも有り得ます。

 

工事日程を決めます

 

そのあたりの調整がつくと、申込先か工事業者から確認と工事日程の希望を聞く連絡が入ってきます。

 

ここで、希望の日時を伝えて工事を予約し、開通を待つこととなります。

 

その間、NTT基地局では局内工事ということが行われていますが、とりあえず利用者側ではあまり気にする必要もないでしょう。

 

居住地や担当する業者、時期などによって変動は有りますが、インターネット申し込みから実際の開通までには、大体1ヶ月以上はかかるものと考えておくのが妥当です。

 

工事当日・・・

 

工事当日が来て、屋内工事までが終了すれば、晴れてインターネットの開通です。

 

しかし、実際に使うにはまだ工程があります。光回線の場合、PCと回線の間をモデムで繋ぐ必要がありませんので、光回線終端装置(工事で取り付けられます)に直接LANケーブルを挿しても一応接続はできます。

 

ただ、実用上それは不便ですし、セキュリティなども問題があるので、通常は「ルーター」を間に挟みます。

 

ルーターは、プロバイダ経由でインターネット申し込みをした場合、レンタルになることが多いのですが、そうではない場合は自前で用意する必要があります。

 

また同じくプロバイダーによっては、一連のルーター接続から設定までを出張サービスでやってくれるサービスもあります。

 

PCやネット知識が無いという人は、こうした設定サービスを利用しておくのが無難でしょう。

 

なお、申し込みの際に接続用のIDやパスワードをもらっているはずなので、自分で設定することも勿論可能です。

 

既存のルーターを利用したいという場合や、変わった構成でネットワークを構築したいという場合は、自分でやるのが一番確実だとも言えます。

 

こうして諸設定が完了すると、晴れて光回線でのインターネットが利用可能になるわけです。

 

なお、利用料金はプロバイダーから申し込んだ場合、諸費用一括で、NTTから申し込んだ場合プロバイダー料などが別個で請求になりますので、注意が必要です。

 

画像

画像

画像

 

画像

画像

画像

 

画像

画像

画像

インターネット申し込み開通工事は?【設定・ルーター設置の疑問】関連ページ

速度、理論値って何?
インターネット申し込みする前に!価格や費用だけでなく「速度」についての確認も必須!最大速度・理論値ってなに?
実際そんな早さ必要?
インターネット申し込み時は最大速度で最大のパフォーマンスを!と思っていても実際は…ということありません?こちらでは接続プランや理論値、レスポンスの差等について見ていきます。
電力系会社で申し込む!
インターネット申し込みを電力系会社で行うメリットとは?どういう流れで申し込みして契約となるの?プロバイダは?料金は?お得感はどう?
ケーブルテレビで申し込む!
インターネット申し込みをケーブルテレビでするときはどうすればいい?料金、設定、プロバイダ、メリットは何?詳しくはコチラ⇒
ADSLで申し込む!
インターネット申し込みをADSLでしたい人はコチラ!通信速度、料金や光回線との比較について気になりませんか?詳しくは本文で・・。
高速モバイルで申し込み
インターネット申し込みを高速モバイル通信で申し込みするには?携帯キャリアでの申し込みは超簡単って本当?料金や申し込み手続きはこちら⇒
WiMAXでネットを申し込む!
インターネット申し込みをワイマックスでするには?実人口カバー率96%ってマジですか?!申し込み手順や特徴はこちら!